「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  地域におけるマナー  > 四国の風習やしきたり

四国の風習やしきたり

wedding58.jpg今は少なくなっていますが、婚礼にまつわる風習やしきたりには、古い伝統や意味があります。四国各地の風習を紹介します。

○香川 結納の前の「投げ入れ」香川県には結納の前段階として「投げ入れ」という風習がありました。これはお見合いの当日、または、おつき合いして結婚の意志が決まった頃に、男性が女性に金一封を贈るというものです。

昔は「嫁ぎ先で一生過ごせるように」という意味で、酒一升を贈っていたそうです。現金を贈る際は、のし袋の表書きに「竹葉料」(酒肴料の意味)と書きます。西讃地方を中心とした風習ですが、高松市周辺の古いお家でも行うことがあります。。

○愛媛 結納には「足袋と履き物」松山市周辺では、結納品に加えて「波喜茂野(はきもの)」と「多美(たび)」として、花嫁が結婚式で履く草履と足袋を贈るというしきたりがありました。最近は現物でなく、それに見合った金額の現金を贈ることが多いようです。


○徳島 嫁ぐ日の「初歩き」徳島県では、花嫁が嫁ぐ日の風習として「初歩き」があります。花嫁は婚礼の日の朝に、白無垢姿で花婿の家の勝手口から入り、仏壇と花婿の両親に挨拶をします。その後、色打掛に着替えて玄関から出て、姑と一緒にご近所の挨拶に回ります。

最近では結婚式場で着付けをするので、この風習もほとんど行われなくなりましたが、郡部や、古いお家では時たま見られるようです。また、これとほぼ同じ風習を香川県では「仏壇まいり」と呼んでいます。

○高知 結納品は「なまぐさ」高知県では一般に結納を「イイレ(飯入れ)」と呼びます。また結納品のことを「おのし」と言い、昔は「生草(なまぐさ)」または「田実(たのみ)」とも呼んでいました。

これは婚礼の日がハレの日であり、なまぐさもの(魚などの生もの)を食べてもよい日と考えたことから来ていると言われます。また結納品の中の「素留女(するめ)」を「生草」と書くこともあります。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen