「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ  > 地域におけるマナー



地域におけるマナー

地域により、結婚式のしきたりやマナーなど異なる風習が残っている地域もありますが、昔ほどではないといえるでしょう。地域ごとにおけるマナーの違いなどを紹介しています。

北海道は会員制が多い

北海道の結婚式の特徴は、会費制が圧倒的に多いということです。もちろん、別途ご祝儀を渡すこともありますが、基本的に会費のみで参加します。 これは、他の地域とは違って、「お客様を招待する」という考えではなく、「お祝いをしたいという人が参加する」という考え方からきているのです。 「披露宴なのにお客様から会費を取るなんて!」と思われますが、他の地域の「招待」とは言っても実際にはご祝儀をアテにしたパーティが...

東北地方の風習

東北地域の結婚式は、一昔前までは新郎の実家や自宅で多く行われていましたが、今やホテルや式場などの利用がほとんどです。結婚式に先立つ風習として、仏壇参りのときに仲人が花嫁を自宅に迎えに行く「花嫁迎え」や、自宅で結婚式を行う場合、嫁は勝手口から入る風習なども、都市部を中心にかなり薄れつつあるようです。 東北地方の結婚式は「豪華で長いほど良い」という考えがありました。特に、新郎の実家が名家だったり地元で...

関東地方は千差万別

関東地方は、全国から人が集まっているため、式スタイルは千差万別。従来の慣習にこだわらず、趣向を凝らした式が行われています。 他地域と比べてキリスト教式の結婚式が多いこともこの地域の特色でしょう。そして、合理性を好むことから、パーティ会場などで行う会費制が多くなっています。 ここでは、結婚式に先立つ「結納」について紹介します。 関東では男性側が結納金や結納品を女性側に送り、女性側は結納返しとして品物...

甲信・東海(名古屋)は豪華

甲信・東海地方の結婚式は、全国的に見ても派手と言われています。「名古屋嫁入り物語」などのドラマや伝聞でも、その豪華さは紹介されました。 新婦は、トラック何台分もの嫁入り道具を準備し、男性側も新築マンションや家を用意するなどと、お互いに釣り合うかそれ以上のことを用意しなければならないものだったといわれています。ローンを組んでまで豪勢な式を挙げる人もいたようです。(今もいるかも知れません。) 中部では...

関西は婚礼文化発祥の地

関西地方の結婚式は、奈良と京都を中心とした婚礼文化発祥の地です。特に奈良と京都には、他では見られない独自の風習が残っています。全国的に見られるようになった広蓋、袱紗などの風習もこの地方に端を発したものです。 挙式料は両家折半が多く、披露宴は人数割りというのが普通のようです。仲人へのお礼は、両家合せて結納金の一割とさていますが、お世話になった度合とか、仲人の社会的地位によっては一割以上包む場合もあり...

山陽(岡山)のおもしろいしきたり

結婚式は、一昔前までは新郎の実家や自宅で多く行われていましたが、今やホテルや式場などの利用がほとんどです。 結納には、岡山では「ノシイレ」などともいわれるおもしろいしきたりがあります。それは「流し風呂敷」といって、持参した男性方の目録の上に風呂敷(または袱紗)を掛ける習慣です。 昔は、目録の上に掛けるのは風呂敷ではなく、羽二重の白生地だったのです。これを女性が袱紗に仕立て、嫁入りの際持参したといわ...

四国の風習やしきたり

今は少なくなっていますが、婚礼にまつわる風習やしきたりには、古い伝統や意味があります。四国各地の風習を紹介します。 ○香川 結納の前の「投げ入れ」香川県には結納の前段階として「投げ入れ」という風習がありました。これはお見合いの当日、または、おつき合いして結婚の意志が決まった頃に、男性が女性に金一封を贈るというものです。 昔は「嫁ぎ先で一生過ごせるように」という意味で、酒一升を贈っていたそうです。...

九州の特徴

九州の結婚式は、若者が多い結婚式では礼服が少ないようです。まだ礼服を持っていない人が多いというのも理由の一つでしょうが、平服で気軽に!が定着しているのでしょう。 結婚式は、どの地域でもほとんどのカップルがホテルや結婚式場で行います。結婚式の費用は、花嫁の着付料は女性側負担、挙式料、披露宴の費用は六分四分や七分三分で、男性方負担とのことでしが、最近では男性側負担の額が多くなっています。 長崎では、結...

沖縄の結婚式の特徴

沖縄では、婚約の儀礼を通常「サキムイ」といい、結納を「クフワン」といいます。結納は、親族が出席して盛大に行われます。披露宴も、大変盛大で、余興のためにステージが設けられることもあります。 結婚披露宴は、当日の参列者は数百人に及ぶことがあり、芸能人並みのパーティーに見えるかもしれません。沖縄の結婚披露宴の最大の特徴は、その余興の多さとそれに参加する人数の多さにあります。 披露宴の余興の一つの演目の参...

ハワイでの結婚式

ハワイの結婚式の服装は、男性はアロハシャツ、女性はムームーを着るのがマナーとなります。アロハとは皆さんもご存知の通り、派手な柄の半袖のオープンシャツのことで、ムームーとは、ハワイの女性が着る、体をゆったりと包むようなデザインの木綿のワンピースのことです。 もし新郎新婦がハワイらしい結婚式を望んでいるのであれば、男性ならばアロハシャツ、女性ならばムームーを着て、祝福してあげるのも良いでしょう。 ハワ...