「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  親族・兄弟・友人  > 友人としての服装とマナー

友人としての服装とマナー

wedding53.jpgある程度の年齢になると、学生時代の友人や会社の同僚もしくは先輩・後輩として、結婚式や披露宴に招待される機会が増えてきます。

はじめて結婚式や披露宴に招待されたときは、どんな服装で出かければいいのか整理してみます。男性の場合は、披露宴では無く結婚式にも招待された場合は、昼はモーニング、夜はタキシードが正式な服装となりますが、今は、黒もしくは紺のスーツを着るのが普通です。

これらは略式礼服として見られていますので、紺か黒のスーツに白いワイシャツ、シルバーグレーかそれに準ずる色柄のタイ、靴下と靴は黒という一応の形が良いでしょう。

女性の場合は、男性に比べて、ドレス、ワンピース、着物と種類が豊富ですので、いくつか気をつけなければならない点があります。まず、花嫁の色である純白を避けること。そして、肌の露出が多い超ミニや、背中や胸元が大きく開いたドレスは避けることです。


和装の場合は、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖にすること。です。化粧も花嫁より目立たないように配慮しましょう。

結婚式の二次会の服装は披露宴ほどフォーマルにする必要はありません。しかし、礼儀として、男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツなどを身につけていきたいものです。

友人の立居振舞として注意する点は、"かたまらない"ことです。新郎新婦の友人とはいっても、初対面の方も大勢いるわけですので、知っているもの同士でかたまらず、積極的に話しかけ、友人全員で場を盛りあげたいものです。

そして、日ごろ仲の良い友人だからといってハメを外さないようにしてくださいね。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen