「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ  > 親族・兄弟・友人



親族・兄弟・友人

結婚式での親族、兄弟、友人の服装にも、しっかりとマナーがあります。披露宴での立ち振る舞いの基本などを紹介します。

親族の服装とマナー

結婚式や披露宴での親族の服装は、男親や祖父は新郎新婦に近い立場として、媒酌人の服装に準じます。したがって、モーニングかタキシード、または、ブラックスーツとなります。 女親や祖母は黒留め袖が基本ですが、色留め袖や格の高いドレスでも問題はありません。叔父・叔母・従兄弟の場合、男性は、ブラックスーツが適しています。 既婚女性の場合は、黒留め袖や色留め袖が基本となります。ブラックのワンピースでも問題はない...

兄弟の服装とマナー

結婚式や披露宴での兄弟の服装は、年長の兄なら父親の服装に準じます。つまり、モーニングコートかタキシードを着ます。新郎新婦と年齢が近い場合は、ブラックスーツかダークスーツで良いでしょう。 既婚の姉でしたら、黒留め袖か訪問着が最適で、未婚であれば、ドレッシーなスーツやワンピースで構いません。社会人の弟は、ブラックスーツかダークスーツにしましょう。 大学生以下ならブレザージャケットや学生服でも問題はあり...

子供の招待、演出について

小学生未満の子供は結婚式に呼ばない方が無難という考えの方が多いようです。披露宴は少々騒いでも気にはなりませんが、結婚式はチャペルで厳かに行いたいという参席者も多いものです。 披露宴はゲストが主役ですが結婚式は新郎新婦が主役です。第一、あの結婚式会場独特の雰囲気が苦手な子供は多いものです。お母さんも泣かさないように力ずくになるから、余計、大泣きする姿を見かけます。 お母さんも、雰囲気を壊さないように...

友人としての服装とマナー

ある程度の年齢になると、学生時代の友人や会社の同僚もしくは先輩・後輩として、結婚式や披露宴に招待される機会が増えてきます。 はじめて結婚式や披露宴に招待されたときは、どんな服装で出かければいいのか整理してみます。男性の場合は、披露宴では無く結婚式にも招待された場合は、昼はモーニング、夜はタキシードが正式な服装となりますが、今は、黒もしくは紺のスーツを着るのが普通です。 これらは略式礼服として見られ...