「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  二次会全般  > 結婚式二次会におけるマナー

結婚式二次会におけるマナー

wedding50.jpg結婚式の披露宴後も二次会は、もはや定番となりました。結婚式や披露宴は型があり、なかなか和気藹々という時間が少ないものです。それは出席者に限らず新郎新婦も同様ですから、口直しの意味でも広まったのでしょう。

しかし、いくら二次会とは言っても新郎新婦の晴れの門出ですのでマナーは守りたいものです。まず、きちんと受付を済ませ、後は会場の幹事さんの指示に従い行動しましょう。

会場に入る前には結婚式や披露宴と同様に携帯電話の電源を切っておくか、マナーモードに設定し、音が出ないようにしましょう。やむを得ない事情で電話する場合でも、目立たないように席を外し、ロビーなどでするようにしましょう。

二次会では、結婚式や披露宴と違い、同席した方たちと深く付き合うこととなりますので、結婚式での硬い顔?ではなく、終始明るい顔でいたいものです。


また、初対面の人とも近い席になることも多いと思いますが、その場合は、自分の簡単な自己紹介をしておけば、楽しい二次会になると思います。

もし、知り合いなどがいないような人がいれば、積極的に話しかけてあげて、孤立しないようしてあげることも大切です。乾杯の声かかかるまでは、飲み物や料理に手をつけず、乾杯はグラスを合わせないのがマナーで、お酒を飲めない方は飲まなくても良いですが、その場合でもグラスに口をつけるのがマナーです。

食事中にスピーチが始まった場合は、会話は控えめにし、スピーチに耳を傾けましょう。後は、余興に一緒に興じるだけです。それも、幹事さんの意を汲んで協力しましょう。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen