「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ  > 結婚式招待状関連



結婚式招待状関連

結婚式招待状の返信に関するマナーを紹介します。招待状を受け取った後に、出欠の返事の適切な書き方など、お相手の方に失礼のないように注意したいものです。

結婚式招待状 出席する場合

結婚式に出席する場合は、「招待状」が届いた時からマナーを守りたいものです。華やかな封書で届く「招待状」は、受け取った者の心をも華やかにしてくれます。 結婚式や披露宴の招待は、事前に新郎新婦やその両親から出欠確認の連絡があることがほとんどですが、招待状は、必ず出席してもらいたいという確認と、全体人数の把握に必要です。 招待状が来る前に電話や口頭で出欠を伝えているから招待状の返事は出さないで良いという...

結婚式に招待されたら

結婚式の招待状が届いたら、1週間以内に返事を出すのがマナーです。返信用のハガキには、毛筆か黒かブルーのインクのペンを使用し、表面の返信先の「行」は、二重線で消してその隣に「様」と書きます。 裏面の「御」や「御芳」などの敬語も定規を使い、二重線で消します。「寿」で消すとなお丁寧になります。余白にはお祝いの言葉を書き添えてください。 うっかり期日を過ぎてもまだ投函してない場合は、遅くなったお詫びと出席...

結婚式招待状 欠席する場合

結婚式や披露宴に招待されたが、どうしても出席できない場合の注意したいポイントを紹介します。 ①電話で欠席を伝える。 招待状を欠席で返信する前に、まずは電話で事情を伝えましょう。この場合、結婚式は慶事ですので、病気や身内の不幸で出席できないようなことは正直に理由を告げず、「いろいろとやむを得ない事情で・・・」などとあいまいに伝えましょう。 なお、スケジュールの調整に時間がかかる場合は、いつまで返事を...

結婚式招待状 返信のマナー

結婚式への招待は披露宴の招待状が届いたら、事前に電話で打診され「出席します」の返事をしていても、出来るだけ早めに出欠の返事を出しましょう。その時は、出席・欠席にかかわらず必ずお祝いのことば「ご結婚おめでとうございます」は書き添えてください。 いくら親しい友人であっても「電話で返事が済んだから大丈夫」なんて思っている方はマナー違反です。新郎新婦の新しい人生のスタートをお祝いする気持ちは、出席の返事か...

結婚式 招待はがき

招待はがきは、ふたりの結婚式や披露宴のイメージを伝える大切なものです。そして、ふたりの結婚式のスタートでもあります。 招待はがきの内容は「いつ」「どこで」「どんな」結婚式を行うかを明記することはお分かりでしょうが、会場の地図、返信用はがき(受取人住所氏名入り、切手貼付)を同封することを忘れないようにしましょう。 スピーチなどを頼む場合は付箋(追伸カード)を同封し、お願いしましょう。招待はがきの最低...

結婚式招待状 返信の書き方

結婚式招待の返信の書き方は、状宛名「○○行」の「行」の文字を二重線か斜線で消し「様」に直します。このとき×印や黒く塗りつぶすのではなく、定規などを使用してキレイな二重線か斜線で消しすと丁寧な感じとなります。 出席の場合は、「出席」の文字を丸で囲みます。そして、受取った人への敬語「御」は、二重線か斜線で消しましょう。「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も敬語ですので消しましょう。良く確認して、敬語関...

出席者に年賀状はがきを

結婚式や披露宴に来てくださった方には、年賀状を出しましょう。新婚の1年目くらいは、浮かれた新婚バージョンなどでも許されるでしょう。 人にどう思われるか考慮する事も大切ですが、年賀状で二人らしさを発揮してみてはいかがでしょう。それ以降は、子どもの写真を中心に家族写真の年賀状が定番でしょう。以下は、この定番の家族写真の年賀状に関するブログからの引用です。 『良く言われることなんですが、「一度も見たこと...