「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ご祝儀(袋)・受付  > ご祝儀の金額

ご祝儀の金額

wedding20.jpg結婚式のご祝儀の場合、「4」「9」のつく金額は、「死」「苦」を連想させるため、絶対に使用してはいけません。また、偶数は「割れる」「別れる」を意味するため縁起が悪いとされています。なお、「8」は末広がりの意味がありますので問題はありません。

しかし、偶数は、最近はあまり気にしないようです。ただし偶数の場合で、たとえば2万円なら、1万円札+5000円札+5000円札とお札の数を3枚(奇数)になるようにすることが多いようです。ご祝儀の金額は、相手との関係、立場、年齢などによって変わってきます。

以下はご祝儀の金額の目安ですが、同じような立場の人と相談して決めてもいいでしょう。

同僚(2~3万円)
部下(3~5万円)
取引先(3~5万円)
兄弟姉妹(3~10万円)
甥・姪(3~10万円)
いとこ(2~5万円)
友人(2~3万円)

夫婦で出席する場合、ご祝儀を連名にする場合がほとんどですが、金額は必ずしも2倍でなくてもかまいません。たとえばふたりで5万円などの奇数にするのがいいでしょう。


遠方の結婚式に招待された場合は、交通費や宿泊費などで費用がかかるとしても、ご祝儀の金額を下げることはしません。新郎新婦が交通費などを負担してくれる場合も、金額を上げる必要はありません。

会費制のパーティーの場合は、ご祝儀は必要ありません。何かお祝いをしたい時は、お祝いの品を送るようにするといいでしょう。結婚式を欠席する場合のご祝儀招待されたのに、やむを得ない理由で欠席する場合は、ご祝儀かお祝いの品を送るといいでしょう。

ご祝儀の場合は、金額は通常の半分~3分の1程度の金額にするのが一般的です。結婚式より前に自宅に届けるか、郵送の場合はちゃんとのし袋に包んで書留で送るようにしましょう。

招待されていないけど、ご祝儀を渡したい場合は、できるだけ気を使わせないためにも、結婚式より後に届くようにしましょう。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen