「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ  > ご祝儀(袋)・受付



ご祝儀(袋)・受付

ご祝儀、ご祝儀袋についても気をつけたいポイントがいくつかあります。お渡しする際の金額もわからないと不安なものです。祝儀に関するマナーと袱紗(ふくさ)に関する情報を紹介します。

ご祝儀に関する注意点

結婚式のご祝儀は、結婚式や披露宴に招待された側と、招待する側のものとがありますが、ご祝儀のほか、心付け、お礼等について注意するポイントを紹介します。 結婚式や披露宴に招待された場合の注意点は、"新郎新婦とどのような関係か?"で考えます。会費制ではなくきちんとした披露宴のなど場合は、ご祝儀の金額は最低2万円と考えましょう。正式なご祝儀袋や袱紗をも準備しましょう。 これを基準に、新郎新婦とのかかわりや...

ご祝儀袋のマナー

ご祝儀袋はご祝儀額に見合ったものを選びましょう。お店で売っているご祝儀袋にも、金額が書いてあるものもありますので 選ぶ時の参考になります。合わせて、自分に合っているかもチェックしてください。 結婚のお祝いには蝶結びの水引は使用しないことは覚えておきましょう。お祝いのご祝儀袋は、"幸せが受けられますように"という意味から下から折った面が上になるように包むことです。逆になると、お葬式などの包み方になり...

ご祝儀の書き方

最近では祝儀袋の形態も様々、表書きも印刷されている商品もあり便利になりました。しかし、本来は一字一字心をこめて書きたいものです。筆を使って祝儀袋に表書きを書くのはなかなか難しいものですが、苦手でもがんばって書くようにしましょう。 表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用し、濃い墨(毛筆、筆ペン)で楷書体で、「寿」「御結婚御祝」「御祝」と書きます。ボールペンや万年筆の使用や薄い墨で書く仏事の書き方...

ふくさ(袱紗)について

儀礼的な贈答のときに、贈物の上にかける、絹布で作られた正方形の布を「袱紗(ふくさ)」と言います。 もともと、貴重品のおさめられた箱物の上にちりよけとしてかけられていたものですが、贈答の際に道中のちりよけとして使われるようになり、今日では儀礼的な贈答に欠かすことができないものです。 披露宴において、ご祝儀袋を持っていく場合、むき出しのままやセロハン袋に入れたままではなく、作法としては袱紗(ふくさ)か...

ご祝儀の金額

結婚式のご祝儀の場合、「4」「9」のつく金額は、「死」「苦」を連想させるため、絶対に使用してはいけません。また、偶数は「割れる」「別れる」を意味するため縁起が悪いとされています。なお、「8」は末広がりの意味がありますので問題はありません。 しかし、偶数は、最近はあまり気にしないようです。ただし偶数の場合で、たとえば2万円なら、1万円札+5000円札+5000円札とお札の数を3枚(奇数)になるように...

結婚式 受付時に注意すること

結婚式や披露宴の会場には30分から1時間くらい前には着きたいものです。会場に着いたら、クロークに立ち寄りコートや手荷物を預け身軽な格好となります。 そして、できれば、化粧室に立ち寄り見繕いをチェックします。靴の汚れなどにも気をつけてください。 この準備を終えたら、まず受付に向かい、「おめでとうございます」とお祝いの一言を述べましょう。その後に芳名帳に住所と名前を書いてからご祝儀を渡します。 ご祝儀...

結婚式 受付係のマナー

結婚式の受付のマナーで、これだけは知っておきたい受付の心得を紹介します。受付とはご祝儀を預かったり、新郎新婦の親族や上司などを最初にお迎えする大事な役目です、いわば両家代表の顔としての役割があります。 態度や言葉遣いには充分に注意し、笑顔を忘れずに爽やかで明るい印象を心掛けましょう。まず、結婚式の事前に新郎新婦と「受付の集合時間と開始時間」「お車代を渡す必要があるか」「新郎新婦の親族に大切な来賓の...