「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  服装関連のマナー  > 服装のタブー

服装のタブー

wedding17.jpg結婚式や披露宴に招待されると、誰しもが服装が気になります。

現代の結婚式は「キリスト教式」が最も多く「神前式」「仏前式」や「人前式」などが行われています。そして、地域における結婚式のマナー(しきたり)は、同じ地域であってもいろいろな異なる風習が残っていますが、現在は、生活様式の変化や年代の考え方の違いもあり、服装は昔ほどうるさく言わないようになって来ているようです。

しかし、出席する場合の服装タブーと言われているものにはどのようなものがあるのか整理してみましょう。

結婚式の服装には、洋装、和装、スーツ、ワンピースなど様々な服装があり、素材も色々です。結婚式の服装で、親族が和装で出席する場合は、黒留袖が一般的ですし、礼服も黒が普通です。それは、両親や親族は黒い服装をするのがマナーだからです。


親族以外の出席者は、黒以外の服装で、出来るだけ華やかな服装で出席するようにしてあげましょう。何故なら、親族が黒い服装なのに、友人まで黒い服装で出席してしまうと、せっかくの結婚式の会場が重苦しい雰囲気になってしまうからです。

友人の場合などは、可能な限り黒い服装は避けた方が良いでしょう。そして、白い服装も避けたほうが良いとされています。何故タブーなのかと言うと、白は花嫁の衣装だからです。

白い服はもちろんのこと、ベージュなど、遠くから見て白に見えるような服装は出来るだけ避けるようにしたほうが無難です。同様に、肌の露出が多い服装も出来るだけ避けるようにして下さい。ただし、夜の結婚式ならば、多少露出があってもマナー違反にはならないでしょう。

結婚式や披露宴に招待されると、誰しもが服装が気になります。結婚式の服装には、洋装、和装、スーツ、ワンピースなど様々な服装があり、素材も色々です。結婚式の服装で、親族が和装で出席する場合は、黒留袖が一般的ですし、礼服も黒が普通です。

それは、両親や親族は黒い服装をするのがマナーだからです。ですから、親族以外の出席者は、黒以外の服装で、出来るだけ華やかな服装で出席するようにしてあげましょう。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen