「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  服装関連のマナー  > 着物のマナー

着物のマナー

結婚式に招待された時に、着物の服装で出席する方もいると思います。着物で結婚式や披露宴に出席する場合には、昼夜の区別はありませんが、未婚か既婚かで礼装のマナーがあります。

「振袖は未婚の女性」しか着ることができませんし、「留袖は既婚の女性」しか着ることができません。着物の服装に合わせる小物のマナーは、まず、黒紋付、黒留袖を着られる場合は、男性ならば白扇子、女性ならば表裏が金、銀の扇子を持つのがマナーです。

女性の場合は、扇子の金の部分が表を向くように帯の左側に指すのがマナーとなります。

また、男性の足袋と羽織紐は白色、女性の長襦袢と半衿、帯揚げ、帯締めを白色にするのもマナーです。


バッグや草履は、金銀朱織布張でお揃いのもの、帯は金銀地織の袋足袋にするのがマナーとなります。訪問着は、振袖や留袖ほど格式が高くありませんが、未婚の女性でも既婚の女性でも着て出席してもマナー違反ではありません。

その他、教会式の結婚式への出席でも、その他大勢組であれば、おめでたい柄の訪問着であればかまわないでしょうし、お友達や親族でも従兄弟や姪甥などの披露宴の披露宴に招待された場合も、訪問着でも大丈夫です。

付け下げと訪問着は、本来作り方も着る場も違う物でしたが、近年では、あまりうるさく区別するということは少なくなりました。なお、最近は小紋でも、お祝いや季節を象徴する柄が入っていて季節が合えば、お友達の披露宴などに出席する方も多くなりました。

訪問着、付け下げ、小紋のいずれの場合も、紬などの光沢の無い素材の着物や帯は、価格が高価でも結婚式や披露宴には不向きですので注意しましょう。




【PR】お肌のお手入れは大丈夫ですか?大人気のスキンケア化粧品

シワ、シミ、くすみ、たるみ、ニキビにバイオ基礎化粧品b.glen