「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  二次会の服装  > 2次会の服装

2次会の服装

wedding-entertainment40.jpg結婚式の二次会に招待された場合、披露宴会場からそのまま参加するのなら、あえて着替える必要はないと思います。引き出物など荷物がある上、着替えまで持参となると大変だからです。

ただ、着物で披露宴に出席した場合には、二次会で汚しては大変ですから、洋服などに着替える方が良いでしょう。

披露宴には出席せずに、二次会から参加する場合でも、カジュアルになり過ぎることのないように気をつけましょう。華やいだ雰囲気になるように、普段より少し改まった感じの服装が良いと思われます。

改まった場とは言え、女性は純白の服とロングドレス、男性の羽織袴などは避けましょう。ゲストが新郎新婦より目立ってしまうのは好ましくありません。

自国以外の民族衣装は、その国の人に対して失礼になるので避けましょう。二次会は仮装パーティではありません。和服でも紬などの織り着物は、上な品でも普段着扱いになるので気をつけましょう。


編みタイツ、黒いストッキング、オープントウの靴、バックストラップのないミュール・サンダル等は不可です。

ブラック・フォーマルは地域によって賛否が分かれるので、事前に調べておき、着用するならばアクセサリーなどで暗いイメージにならないように装いましょう。

ブラックパールと黒いネクタイは、柄が入っておしゃれな感じの物でも、祝いの場に相容れないので禁物です。手元は洋装には洋装用の、和装には和装の、それぞれに合ったフォーマル用のバッグを持ちます。

最近では通信販売のカタログやインターネットでも、結婚式二次会向けの服装がたくさん紹介されていますので、それらを参考にするのも良いでしょう。




【PR】二次会前にスキンケア対策は万全ですか?大人気の基礎化粧品


アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen