「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム  > 二次会の服装


二次会の服装

二次会での服装における注意点、季節に応じた、おすすめの服装の選び方をお知らせします。

2次会の服装

結婚式の二次会に招待された場合、披露宴会場からそのまま参加するのなら、あえて着替える必要はないと思います。引き出物など荷物がある上、着替えまで持参となると大変だからです。 ただ、着物で披露宴に出席した場合には、二次会で汚しては大変ですから、洋服などに着替える方が良いでしょう。 披露宴には出席せずに、二次会から参加する場合でも、カジュアルになり過ぎることのないように気をつけましょう。華やいだ雰囲気に...

女性の服装 スーツ編

結婚式のスーツと言えば、改まった雰囲気が出せるということで、やはりフォーマルなものが人気です。ブランドものも良いですが、色や形が奇抜で派手過ぎるスーツは好ましくないでしょう。 スーツはアレンジ次第で、どんなふうにも使い回せる服装です。とは言え、女性がスーツで結婚式二次会に出席する場合には、堅苦しい印象を与えないように、インナーに華やかな感じのシャツを着込んだり、コサージュなどをあしらったりするなど...

女性の服装 ワンピース編

結婚式では黒のワンピースやスーツや振袖などの着物を着て参加しても、二次会へはワンピースなどに着替えて二次会へ参加する人が多いですね。 ワンピースは女性らしさを演出できるだけでなく、体型をカバーしたり、肌をきれいに見せてくれたりするという長所もあるので、人気が高いです。 二次会はあくまでパーティーですので、カラフルなワンピースでも問題ありません。サテンや絹など、華やかな素材のワンピースを選ぶことも良...

女性の服装 ドレス編

結婚式のゲストのドレスと言えば、黒が多い傾向にあります。確かに黒は無難な色ではありますが、みんなが黒い服では、結婚式というよりは法事やお通夜になってしまいます。 二次会となれば、結婚式とはまた違って、楽しい雰囲気で盛り上げたいところでしょう。そこでおすすめは、カラードレスです。特に20代の女性であれば、どんなカラーでも似合うので、パステル系のようなかわいい色でもOKですね。 30代以上の女性には、...

男性の服装 スーツ編

結婚式の二次会に招かれた男性の服装は、披露宴から引き続き参加する場合は、フォーマルなスーツが無難でしょう。 礼服のブラックスーツかダークスーツに白いシャツ、ネクタイは白かシルバーグレーが一般的です。ネクタイと合わせたポケットチーフがあると、なお良いでしょう。 ワイシャツの色はお好きなものでOKです。スーツも、ダブルでもシングルでも、どちらを着用してもマナー違反になりません。靴は革靴で、黒い靴下を着...

結婚式や二次会にブーツは?

結婚式にブーツで参加するのはタブーとされています。一般的に、ブーツは軽いイメージがあるので、改まった場には不適切だと考えられているからです。 寒い日には、会場まではブーツを履いていくけれど、会場でパンプスなど別の靴に履き替えて、ブーツはクロークなどに預けるという方法もあります。 しかし、二次会だけの参加で、カジュアルな感じでも大丈夫という二次会なら、「トータルファッションを楽しむ」ということで、ブ...

結婚式のネクタイ選び

二次会の会場が居酒屋などカジュアルな感じの場所で、参加者も若い世代ばかりの場合なら、ジャケットスタイルの軽い服装で、ノーネクタイでも構わないでしょう。 しかし二次会には、披露宴から引き続き参加の人も多くいます。二次会からの参加だからと言って、ネクタイを一本も持って行かなかったら、周りが皆ネクタイをしている中で、自分だけ浮いてしまうことにもなりかねません。 一応、ネクタイを一本ぐらいは持参して行くと...

二次会の髪型(ヘアアレンジ)

二次会は結婚式や披露宴ほど堅苦しい事はありませんし、むしろ多少遊び心を出す方が良いでしょう。以前はアップスタイルがオーソドックスでしたが、最近ではダウンスタイルで出席する方も多くなっています。 アップスタイルにしようとして、下手に髪型を崩してしまうよりは、無理せずダウンスタイルで参加する方が良いかと思います。 美容院ならきれいに施術してくれますが、自分で髪型を作るなら、内巻きにカーラーで巻いて、ブ...

春の二次会服装

春は花がぱっと咲き、心も華やぐ季節です。そんな春の結婚式の二次会では、春らしい色の服装、例えば淡いピンクやグリーン、ライトブルーといったパステルカラーを使うと良いですね。 ボレロつきのワンピースや、柔らかく揺れるシフォンのワンピースも、春らしい雰囲気が出て素敵です。 アクセサリーに花の形をしたものを使うのもおすすめです。細いワイヤーにビーズフラワーやクリスタルガラスをあしらった、花畑のような形のネ...

二次会服装 夏

夏場は強い日差しで、暑さも厳しい日が続きます。そんな夏の結婚式二次会で、涼しく装いたい時は、水色や青といった冷たさを感じさせる寒色を多く取り入れてみましょう。 ただし、服もアクセサリーも寒色だけすべて揃えてしまうと、平凡で寂しい雰囲気になってしまいます。 アクセントとして、赤・オレンジ・黄色・ピンクなどの暖色や、緑系の色や青紫のような中間色を少し取り入れると、見た目に華やかで、引き締まった感じもし...

秋の二次会服装

秋は落ちついたイメージで、クラシカルな服装が似合う季節です。秋の結婚式の二次会では、秋らしい色合いのシャンパンゴールドやベージュの服装がおすすめです。 販売でもレンタル衣装でも、このような色合いの服装が多く出回ります。 基本的に秋は涼しく過ごしやすい季節なので、会場と屋外の気温差も、さほど考えなくてよいでしょう。 ただ、9月上旬から中旬は、まだ残暑が厳しいこともあるので、冷房対策などで夏と同様の準...

二次会服装 冬

冬の結婚式二次会の服装で心がける点は、防寒対策です。会場は暖房が効いていて温かいでしょうが、移動の際や待ち時間に、室外で過ごすこともあります。 おしゃれも大切ですが、風邪をひいてしまっては、せっかくの祝いの場が台無しになってしまいます。 ベロアやベルベット、ウールなど温かい素材のスーツやドレスを着用し、ボレロやストールなどの羽織る物をカシミヤやウールの物にするだけでも、かなり温かくなります。首周り...