「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  余興スピーチ  > 二次会でご祝儀は必要?

二次会でご祝儀は必要?

wedding-entertainment09.jpg「二次会でご祝儀を渡すべきか?」と、悩む人は多いかと思います。特に結婚式の披露宴には出席せず、二次会のみに参加する場合に、ご祝儀を渡すべきかどうか戸惑う人が多いでしょう。

結論から先に述べると、基本的に、二次会にご祝儀は必要ありません。二次会は通常、会費制になっていますので、二次会の会費のみを支払えば大丈夫です。

二次会は親しい友人と気楽な気持ちで楽しむものなので、新郎新婦も、二次会でご祝儀をもらおうとは考えていません。

それでも、「新郎新婦にお祝いの気持ちを表したい」のなら、二次会の場ではなく、改めて結婚祝いとしてご祝儀を渡すのが良いでしょう。


披露宴に出席する際のご祝儀の金額は、友人の場合3万円が一般的な相場ですが、「結婚祝」として渡すなら、1万円が相場とされています。

しかしながら、新郎新婦を祝うのに「二次会の会費の金額だけでは物足りない」と思われる場合は、別にお祝いのお金を包んでも構いません。二次会だけの参加だから、ご祝儀を渡してはいけないということはないからです。

お金ではなく、プレゼントを渡すのもOKです。友人同士でお祝いの品物を贈る場合は、1人が出す金額は、先方が気を遣わない程度(1人2000円~3000円)にするのが良いと思います。

ただ、二次会のみの参加でご祝儀を渡したいと考えたのなら、二次会の当日ではなく、別の機会に渡す方が無難です。

二次会の場では、新郎新婦は荷物がたくさんあるので、せっかくのご祝儀やプレゼントも埋もれてしまいかねないからです。事前に渡しておくか、結婚式の後、新郎新婦の所を訪れて渡すのが良いでしょう。




【PR】二次会前にスキンケア対策は万全ですか?大人気の基礎化粧品


アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen