「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  余興スピーチ  > スピーチを依頼されたら

スピーチを依頼されたら

wedding-entertainment06.jpg新郎新婦にスピーチを依頼されるのは光栄なことです。「緊張する」「何話していいかわからない」と敬遠してしまうよりも、せっかくの祝いの日なのですから、二人の心に残るスピーチをしようではありませんか。

最初は、やはりお祝いの言葉から始めましょう。「○○君、○○さん、本日はおめでとうございます」と述べ、次に会場に向かって「ただ今、ご紹介に預かりました○○でございます」と、軽く自分の自己紹介をします。

そして、スピーチの中で新郎または新婦との思い出やエピソードを話したり、二人へのメッセージを伝えたりします。

その一方で、会場にいる人たちも聞いていて楽しめるスピーチを考えましょう。たいていの場合、スピーチは食事の時間に行われます。そんな中で、新郎新婦にまつわる面白い思い出話を適度に織り込んだり、主役の二人に質問する形式にしたりすると、場がいっそう盛り上がることでしょう。


既婚者ならば、夫婦円満の秘訣やアドバイスをそれとなく教えるのも良いと思います。

ただ、羽目を外しすぎて、ウケ狙いの暴露話をしたり、下ネタや下品な言葉を出したりするのはいけません。政治と宗教の話題は対立する意見を持つ人がいるので、祝いの場では避けます。

差別用語も不可ですが、新郎新婦を紹介するつもりで、出身地や家庭環境や学歴などに触れて「○○さんは......なのに」と話すのも、遠回しに他者を傷つけることになりますので、気をつけなければなりません。

そして締めは「本日は本当におめでとうございます。末永くお幸せになってください」と、再度お祝いを述べて一礼し、自分の席に戻ります。スピーチを手紙にして新郎新婦に渡すのは、この時で構いません。




【PR】二次会前にスキンケア対策は万全ですか?大人気の基礎化粧品


アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen