「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム >  余興スピーチ  > 二次会の司会

二次会の司会

wedding-entertainment11.jpg二次会の司会をする上で、最も大事なことは、失敗しても一生懸命やることです。司会のプロでない限り、うまくいかないこともあります。

あがったり言葉がつかえたり、酔った客に騒がれたり......それでも、精一杯うまくやろうとする誠意を示すことで、新郎新婦と招待客の皆を引きつけることができます。

話し方は、いくら和やかな二次会でも、親しき仲にも礼儀ありです。丁寧語な言葉遣いをして、強弱をつけて、一語一句をはっきりと、分かりやすく話すことが大切です。

目線は、会場全体に語りかけるように、見渡すようにします。下を向いて原稿ばかり見ていては、暗くてうっとうしい印象を与えてしまいます。


二次会の最中は、会場の雰囲気を読みながら、適切なテンションを保ちます。盛り上がりたい場面では、大きい声を出して、派手な身振りで会場を盛り上げましょう。

ただし、無理に盛り上げようとするばかりに、招待客に偉そうに指示したり、やたらと拍手を強要したりするのはタブーです。マイクで何かを話してもらうにしても、親しい身内ばかりにマイクを回すようではいけません。

自分が初めて会う人も含めて、皆で楽しい雰囲気を作り上げるという姿勢が大事です。

二次会の司会を成功させる裏技として、開宴までのわずかな時間に、各グループを回って一言軽く挨拶すると良いでしょう。

「こんにちは。新郎の○○君の高校時代の友人で○○といいます。今日は司会をさせていたただきます」と声をかけるだけでも、招待客と顔見知りになって良い印象も与えられるので、その後の進行がやりやすくなります。




【PR】二次会前にスキンケア対策は万全ですか?大人気の基礎化粧品


アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen