「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。
ポータルトップ >  ホーム  > 二次会 案内状


二次会 案内状

結婚式案内状の書き方、案内状や招待状が届いた場合の、マナーなどについてお知らせします。

結婚式案内状の書き方

結婚式の二次会の案内状は、招待する方への最初のご挨拶、いわば二次会の顔のようなものです。準備の都合も考えて、1ヶ月前には返答を得られるようにしましょう。 案内状の文面は、冒頭のあいさつ文は短めして、すぐに本題に入ります。次に、主役となる新郎新婦の愛称や、職場での役職などに簡単に触れます。 二次会の情報として、 (1)日時、 (2)会場名、 (3)会場の住所・電話番号、 (4)会場までの行き方、 (...

結婚式案内状が届いたら

結婚式の二次会の案内状が届いたら、出席できるかどうかを確認するために、まずはスケジュールを確認しましょう。出席が可能であれば、新郎新婦を祝う気持ちを示すためにも、すぐに返事を出します。 封書の案内状なら返信用の葉書が同封されているでしょうし、往復葉書なら返信用の半分を使います。 出席が難しいと判断した場合した場合は、欠席の返事を出すことになります。この場合、すぐに返事を出すと、結婚のお祝いを拒絶さ...

結婚式 二次会招待状

二次会に出席するという返事のあった人には、後日、招待状を送ります。招待状を送る際に、席次表も同封するのが一般的です。 結婚式とは違って、二次会は新郎新婦との距離が近く、フレンドリーな雰囲気もあるので、新郎新婦とたくさん話せて、盛り上がる機会でもあります。 また、二次会の主催者が友人の場合は、新郎新婦と同世代の親しい友人たちを招くことがメインになるため、あまり堅苦しい格式張った招待状ではなく、カジュ...