「結婚式 余興と二次会」をご覧頂き、ありがとうございます。

結婚式 余興と二次会へようこそ

wedding_ceremony.jpg
結婚式 二次会のマナーや注意点についてお話したいと思います。

結婚式の二次会では、結婚式、披露宴が終わってほっとしている新郎新婦を楽しませて、一生に一度の思い出を作ってあげるように心がけるようにしましょう。

披露宴と二次会の両方に出席する場合は、ご祝儀とは別に二次会の会費を払います。ただし、新郎新婦側から「二次会の会費は不要」と申し出があれば、その気持ちをありがたく受け取ってもいいと思います。

披露宴には出席したけれど、二次会は欠席してもマナー違反にはなりません。

二次会だけに出席する場合は、ほとんどの場合、会費制であり、その会費がお祝い金となりますので、それとは別にご祝儀などを渡す必要はありません。

会費は紙に包まず、そのまま受付におつりがないように渡します。あらかじめ封筒に入れるぐらいなら良いでしょう。

結婚式の二次会の会費は、5000円~7000円位が一般的です。男性よりも女性の方が、会費が少なめに設定されている場合もあります。会場では知らない方も多いでしょうが、隣り合わせた人には失礼にならないよう、軽く挨拶をします。

「始めまして、新婦の友人の○○です。よろしくお願いしますね」で十分です。その場で挨拶を交わすだけも、場の空気は軽くなりますよ。

二次会は食事や余興などもあり、楽しい雰囲気で進んでいきますが、お酒は飲んでも飲まれるな。酔って羽目を外しすぎて、めでたい席で暴れては、場を壊してしまいます。誰のための結婚式二次会なのかをお忘れなく。

二次会ではゲームやクイズなどの企画が行われる場合もあります。企画を進めるために、参加する友人の男女の人数をほぼ同じにしたり、テーブルを3対3にしたりすることもあります。大いに楽しんで、二次会の場を盛り上げましょう。

最新コンテンツ

☆ おすすめ曲、音楽 (余興スピーチ) 
☆ 幹事のマニュアル、台本 (幹事の流れ) 
☆ 2次会の服装 (二次会の服装) 
☆ 女性の服装 スーツ編 (二次会の服装) 
☆ 女性の服装 ワンピース編 (二次会の服装) 

結婚式 余興と二次会コンテンツ

 
結婚式案内状の書き方、案内状や招待状が届いた場合の、マナーなどについてお知らせします。

 
結婚式二次会における司会の注意点、乾杯の挨拶、ご祝儀、出し物について紹介します。

 
結婚式の余興でのネタ、人気ランキング、カラオケや歌、クイズ、ゲームなど余興全般に関する情報です。

 
二次会での服装における注意点、季節に応じた、おすすめの服装の選び方をお知らせします。

 
二次会幹事の進行の仕方や、マニュアルなど、予算や会費、イベント演出方法など紹介します。