「結婚式マナー 服装や祝儀」をご覧頂き、ありがとうございます。

「結婚式マナー 服装や祝儀」へようこそ

wedding0002.jpg
元々日本の結婚式は神道と密接な関係があり、形式としての神前式は明治33年大正天皇の御成婚によって広まったったといわれています。

日本における結婚式は、以前は自宅で行うのが普通でしたが、現代は「キリスト教式」が最も多く「神前式」「仏前式」や「人前式」などが行われています。

そして、地域における結婚式のしきたりは、同じ地域であってもいろいろな異なる風習が残っていますが、現在は、生活様式の変化や年代の考え方の違いもあり、昔ほどうるさく言わないようになって来ているようです。

それに合わせて服装も簡素化されてはきていますが、新郎新婦へのお祝いの気持ちが伝わり、初めてあうご両親や親戚へ方々への敬意と同席する方々への配慮を忘れない、服装や衣装のマナーを紹介します。

結婚式の招待状が届いた時から、マナーは守りたいものですよね。招待状の返信のマナーを知っていないと失礼にあたります。結婚式に出席される場合には、服装や靴、髪型にもマナーがあります。

受付ではあわてずに、しっかりと手続きを済ませたいものです。ご祝儀や祝儀袋のマナーもありますし、考えてみれば、結婚式に出席するだけでも大変なことなんです。

当サイト、結婚式マナー 服装や祝儀にて是非、結婚式全般のマナーを習得していただき、お役に立てれば幸いです。

【PR】フォーマルドレスをお探しなら

最新コンテンツ

☆ ドレスのファッションは (結婚式 ドレス) 
☆ おすすめ曲、音楽 (余興スピーチ) 
☆ 昼間の結婚式 (結婚式場・場所) 
☆ お姫様スタイル (結婚式 ドレス) 
☆ 服装のタブー (男性・女性 服装) 
☆ 北海道は会員制が多い (地域におけるマナー) 
☆ 東北地方の風習 (地域におけるマナー) 
☆ 4月春の服装 (季節・月) 
☆ 結婚式 ペーパーアイテム (結婚式全般に関するマナー) 
☆ 友人(代表)のスピーチ 文例 (結婚式全般に関するマナー) 

「結婚式マナー 服装や祝儀」  内容紹介


結婚式全般に関するマナーを紹介します。友人代表のスピーチや祝辞、席礼、席順、また新郎の挨拶など、様々なマナーが存在します。緊張するのは仕方ありませんが、しっかりと役割を果たしたいものです。


結婚式の服装は、招待された時には、女性も男性も悩んでしまうものです。招待される式場のスタイルによっても、服装は変わってきます。結婚式での服装のタブーやマナー、また髪型やアクセサリーについても紹介しています。


結婚式招待状の返信に関するマナーを紹介します。招待状を受け取った後に、出欠の返事の適切な書き方など、お相手の方に失礼のないように注意したいものです。


ご祝儀、ご祝儀袋についても気をつけたいポイントがいくつかあります。お渡しする際の金額もわからないと不安なものです。祝儀に関するマナーと袱紗(ふくさ)に関する情報を紹介します。


結婚式の二次会ももはや定番といえます。披露宴では、新郎新婦も緊張のあまり、和気あいあいとまではいかないでしょうから、楽しい二次会をしたいものですよね。新郎新婦の晴れの門出ですので、しっかりとマナーは守っていきましょう。


結婚式での親族、兄弟、友人の服装にも、しっかりとマナーがあります。披露宴での立ち振る舞いの基本などを紹介します。


地域により、結婚式のしきたりやマナーなど異なる風習が残っている地域もありますが、昔ほどではないといえるでしょう。地域ごとにおけるマナーの違いなどを紹介しています。

結婚式関連1 結婚式 服装と髪型

結婚式にふさわしい女性・男性・親族の服装や、レンタルの注意点、靴やネクタイの選び方など、結婚式に関する情報サイトです。

シチュエーション別での結婚式スピーチの例文や文例。結婚式挨拶のマナーや注意点など、結婚式のスピーチと挨拶に関する情報を紹介しています。

結婚式関連3 結婚式 余興と二次会

結婚式余興のネタやアイデア、歌のランキング、余興ランキング、二次会の服装やおすすめの二次会会場を紹介しています。